About us

skprojectはプロデュースと
ブランディングの会社です。

ブランディングとは
ファンづくりです。

私たちはお客様に愛される
ブランドをつくることを

目指して活動しています。

その対象は様々です。
アーティストから商品、エンターテインメント(演劇・映像・イベント)

お店や街など
ファンの方がいるところならなんでも。

ヒト・モノ・コトを
プロデュースします。

Message/設立に際して

「明日、仕事がんばれます!!!」


ある男性アーティストのプロデューサーをしている時に女性ファンの方からライブの帰り際に言われた一言

満面の笑みでした。
どうしたらこんなに素敵な笑顔が出来るんだろうと思うくらいの輝かしい笑顔でした。

この笑顔を見るために僕は頑張るんだな、と思いました。

必要とされること、自分の存在価値を確かめられること、
これが僕のモチベーションの源であり、
23年間エンターテインメントの世界にいられた理由だと思います。


24歳の時、ホワイトアトラス(真っ白な地図帳)という会社に入りました。社会人一年生です。
その何も書かれていない地図帳に必死にメモをし、汗をかき、涙を流しました。

遅れてきたバブルと言われたCD全盛期の音楽業界に入り、一直線に突き進みました。
素晴らしいアーティストや俳優の方々との出会いがありました。

成功と失敗の数々を携えた今、大切に書き足してきた地図帳を閉じ、
新しい地図帳、この会社と共に旅に出ることにしました。
次の23年は皆さんとこの地図帳を完成させたいと思います。

これまでお世話になった皆さん、関わったアーティストやタレントを愛してくれたファンの方々、そして新たに出会う方々と共に。

47歳になる年での起業です。
遅いかもしれません、遅すぎるかもしれません。
でも、40代だからいいんだと言ってくれた人もいました。

2019年は昭和47年生まれが47歳になる珍しい年です。
そして平成が終わり新元号になります。
私の恩師である我究館初代館長の杉村太郎さんが志半ばで亡くなったのが47歳でした。

いくつもの節目、巡り合わせの中で、思いっきり勝負してみたい衝動が湧き上がるのを止めることができませんでした。

人生100年時代と言われる現代、働き方改革や副業の広がり、組織から個へのシフトなど、生き方や働き方の価値観が高速で変化する中で自分のやるべきことはなんなのか?


『好きなことを全力でやる』


これしかないんじゃないかと思います。

≪努力は熱狂に勝てない≫

とも言われます。

僕もこのエンターテインメントの世界、ファンビジネスの世界にいて本当に思うのはこの「熱狂」こそが全ての根源だと言うこと。

そして、これから佐藤浩輝の熱狂でファンの方に喜んでもらえるものを次々にプロデュースしていく、アーティスト、プロダクト、演劇、映像などあらゆる領域に挑戦します。

「47歳にもなって青臭い」なんて言われるかもしれないですが、
47歳だからこそピュアでありたい、熱狂したい。
そう思います。

仲間たち、そしてお世話になった皆さん、ファンの皆さんがいれば、
どんなことも実現できると強く信じています。

いつも何かあるとあの言葉
「明日、仕事がんばれます!!!」が頭に浮かびます。

23年後、この地図帳を開いたときに、どれだけの挑戦が書き込まれているか。
どれだけファンの皆さんと作り上げた感動で溢れたものになっているのか。

すでに、はじまった新しい旅に、胸がワクワクしています。

2019年4月1日
株式会社skproject
代表取締役 佐藤浩輝

経営理念/Mission

4つのカスタマーサクセスを実現する

1. お仕事をいただくクライアント様

2. お仕事をお願いするパートナー様

3. サービスを届けるお客様、ファンの皆様

4. 情報を取り上げてくれるメディアの皆様

この全ての皆さまが幸せになるような
仕事を継続的に達成することが
skprojectのミッションであり、
やりがいです。

行動規範

明るく、真面目に、
謙虚に、
兀々と、大胆に。

News

Company Profile

社名 株式会社skproject
(英文表記:skproject Inc.)
代表取締役 佐藤浩輝
事業内容 プロデュース業・D2C事業・コンサルティング業・新規事業支援

佐藤浩輝

株株式会社skproject
代表取締役/ブランドプロデューサー

1972年東京都板橋区生まれ。
明治大学法学部法律学科卒業。
エイベックスグループにてアーティスト・タレントのマネジメント、プロモーションを担当、一般社団法人日本音楽事業者協会の広報委員として10年以上従事。
エイベックス・ヴァンガード株式会社では執行役員として営業宣伝部門、広告エージェンシー部門、事業開発部門、マーチャンダイジング部門を統括、同時にアーティスト・演劇のプロデュースに携わり2019年独立、株式会社skprojectを設立。

Contact

友だち追加
noteリンク